MLB式打撃指導塾.com

身長165㎝・体重60㎏の小柄な控え選手が、3か月でホームランを量産する方法

どんなイメージで打っているの? ホームランバッターの打撃理論とは?

今回は、
ホームランバッターの打撃理論について紹介します。


 

f:id:baseballtraining:20190608192745j:plain

 
こんな悩みを抱えている選手はいませんか?
 
・筋トレをするだけやって、飛距離の伸ばし方が分からず、
レーニングの時間が無駄になる

・ホームランを打たないまま、野球人生が終わってしまう

・打席に立つといつも相手の外野手が前進してくる
 
 
 
レーニングを継続して行い、パワーアップしてきたあなた。
 
練習のフリーバッティングでも、
力強い打球を打てるようになってきました。
 
しかし、試合ではなかなかホームランを打つことが出来ません。
 
チームメイトからは
「あいつって練習でしか打てないよな」
と言われてしまいます。
 
そんなのは嫌ですよね?
 

f:id:baseballtraining:20190519004106j:plain

 
 
こんな風になりたいですよね?
 
・ホームランを量産して、レギュラーになる
 
・レギュラーを獲得して、大事な試合でホームランを打つ

・ダイヤモンドをゆっくり一周して余韻に浸ることができる
 
 
 
控え選手ながら、一生懸命トレーニングを続けてきたあなた。
 
ホームランを打つコツを一度掴み、
そこからはコンスタントに打てるようになってきました。
 
「お前、本当に変わったよな。
お前が試合に出たら絶対に打ってくれそう」
 
と、チームメイトにも言われるように。
 
そして、レギュラー選手を獲得。
 大事な試合でホームランを放ち、チーム全員から祝福されます。
 
そんな野球選手になりたいですよね?
 
 
今回の記事はこんな方にオススメです!!
 
・まだホームランを打ったことがない選手

・ホームランをもっとコンスタントに打ちたい選手

・ホームランを打つために
 どんな意識を持てばいいのか分からない選手
 
という方は今回の記事を参考に
自分の打撃理論について見直してみてください。
 
 
今回は、ホームランバッターの打撃理論についてお伝えします。
 
近年、プロ野球ではホームラン数が増えています。
特に、山川選手や柳田選手などフルスイングで
球場を魅了する選手が増えました。
 
 
 
今回は2選手の打撃理論について紹介します
 
 

山川選手の打撃理論とは

 

バッティングフォームにおいて
山川選手が特に重きを置いている箇所は2つあります。

それは
トップの深さ下半身のぶつけ方だそうです。

 

 

トップの深さ

基本的に打球を遠くに飛ばすためには、
ボールを強く叩かなくてはいけません。

トップの位置が浅いと
ボールにバットをぶつけても伝えられる力が弱いです。

トップを深く取れば「割れ」が大きくなり、
それによって捻転の力が増します。

バッティングでもっとも大きなパワーを
生み出すとされているのが、この力です。

また、バットの出し方さえ、
きちんとできていればスイング軌道に固執しすぎる必要はないといいます。

「基本はレベルスイング。でも、試合になるとダウンスイングもアッパースイングも使う。1つではないんです。」

 

f:id:baseballtraining:20190513100753j:plain

②下半身のぶつけ方

これは独特な考え方だといいます。

「たとえば強いパンチを打とうとしたら、
踏み出す足に体重をガンッと乗せますよね。

それと同じで、体重をいかにぶつけられるかなんです。

スウェーして、頭も前に流れてしまうんですが、
やっぱり打球はその方が飛ぶんです。」


「でもホームランバッターの中にもいろいろな打ち方がある。
下半身の使い方にしてもそうです。

たとえば中村、柳田 、筒香 もみんな、ほぼ違う。
ブレないということを最優先するなら、
その場で回るのが理想かもしれないですけど、

ただ単純に打球の飛距離を出すことを考えるなら、
軸足に体重を乗せてからグッーと前に移動して
前足を着いてバシッと受け止めて、

その力を上に伝えてスイングした方がいい。
だから体は前に動いてもいいと思っています」

https://www.hb-nippon.com/sp/interview/1650-intvw2017/7161-20171101no607?page=2

 

 

柳田選手の打撃理論とは

 
「ボールはベースの上を通過するわけですから、
甘いところに来たら思いっきりシバけばいい。
それだけです」
 

フルスイングと確実性


両立することが難しいこの2つの要素。


それを見事に体現し、首位打者を獲得すると同時に、
トリプルスリーを達成した柳田選手。


思い切りスイングすると、身体がブレやすく、
ミート力が落ちてしまいがちですが、

そんな中でも、バッティングをシンプルに考え、
「フルスイングでジャストミートする」
という柳田選手ならではの理論です。

そんな柳田選手のバッティングから放たれた打球は、
ジャストミートをするとどこまでも飛んでいき、
詰まったとしても速く強いものとなります。

 
 
2人に共通していることは、
当てに行くことなくフルスイングしているということです。
まずは、試合でフルスイングできるように練習しましょう。
 
試合でフルスイングするというのは、簡単にできるものではありません。
 
プロ野球には色んな打撃理論を持っている選手がいます。
今回紹介した2人だけではなく、
色んな人の打撃理論を試して、
自分に合うものを見つけていきましょう!
 
その他の選手の打撃理論や私の打撃理論については、
LINE@にて紹介しています。
 

そして現在なら、LINE@に登録していただいた方限定で

「飛距離アップ打撃練習メニュー」を

プレゼントしていますので気になる方は登録してみてください。

f:id:baseballtraining:20190525150801j:plain



詳しくはこちら



https://peraichi.com/landing_pages/view/beseball-training

 

また、LINE@では無料相談も行なっています。

打撃フォームやトレーニングメニューなどで

お悩みがある方は是非活用してみてください。

 

LINE@登録はこちら

 
友だち追加